« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

打ち上げ

今日は17年度最後ということで、大工、設計、監督及び事務員を全員集めて打ち上げをしました。

P1020589 大工たち、料理は隣のさかくらの出前

P1020590 みんなおいしそうに食べている

P1020591 大工の卵と、この道50年の棟梁

P1020592 もう若くないけど、若手大工

若い人たちは食欲も旺盛で、たくさん用意した御馳走はあっという間になくなりました。今期もまあまあの成績です、ここにいるスタッフのおかげですね!みんなありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

帰国

昨年12月26日に、ピースボートで地球1周の旅に出ていた娘が今日帰国しました。約900人ほどの乗客を乗せ3ヶ月の航海です。

P1020586 ピースボート(トパーズ号31,500㌧)

私たちにとっては95日ぶりに娘の無事な顔が見れたことがうれしかったのですが、若者がほとんどの乗客たちは、多感な時期の3ヶ月という長い時間をともにして生まれた連帯感で異常な盛り上がりを見せていました。船は横浜で、約600名の乗客を降ろし神戸に向かいます。涙、涙の別れです。

P1020587 うちの娘です

一緒に家へ帰ろうとしましたが、仲間と中華街で最後の盛り上がりをすると言うことなので、家内と二人ですごすごと帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

現場廻り

今日29日は午前中から施工中の現場を廻って来ました。

Img_0007 T邸 やっと擁壁が終わり、これから基礎にかかります、上棟は4月20過ぎくらいかな?

Img_0008 わが社の棟梁の家、今週中に木工事が終わる予定です

Img_0011 W邸 今日から土台敷きが始まりました、上棟は31日です

Img_0013 K邸 基礎工事の最中です、上棟は14日の予定です

Img_0015 S邸 リフォームですが、小さい家ならできてしまうぐらいの規模です

Img_0016 H邸 昨日で木工事が終わりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年はなんと3月中に桜が満開になりました。戸塚は桜の名所がたくさんありますが、わざわざでjかけなくても毎朝わが社の作業場にて花見ができます。Img_0002 先日大量に入荷した檜と桜

Img_0005 作業場の裏から見た桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年点検

28日はI邸とK邸の1年点検をしてきました

P1020577_1 外回りもしっかり見ます

2件とも無垢の素材特有の建具が重いぐらいの不具合しかありませんでした。当たり前の話ですが、クレームがないとほっとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

選挙&町内会

今日は横浜市長選挙、母二人を連れて行ってきました。

P1020555 妻、母、義母

P1020554 車椅子用の低いテーブルもありました

午後からは町内会のボーリング大会です。出席者は11名と少し寂しかった。

P1020558 参加した方々

P1020559 うちの妻、よく見ると2投目とわかる

ボーリングは1年に1回、この町内会のときしかやらいのでもうめちゃくちゃ。2ゲーム投げたら疲れてしまいました。終わったのは、3:30と早かったのですが、開いている居酒屋を探し反省会?こちらも盛り上がりました。

P1020561 3:30と言うのにテーブルには麦酒が

P1020566 すっかり出来上がっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

新入社員

4月からの新入社員が、前倒しで入社しました。大工希望で、中学卒ですが熱い想いと固い意志を持っているので入社させました。早く一人前の大工になることを祈っています。

P1020553左から藤田大工、智成君、指導棟梁の大島大工

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

工務店訪問

3月22日は優良工務店の会QBCのなかで私が座長をしているビジョン委員会の集まりがありました。今年は工務店及び現場見学を主体として活動して行きます。今日は我々の大先輩であり、お手本でもある中野工務店さんにお邪魔しました。

P1020531 TSトライウッドの杉を使った住宅

P1020540 古材のタイコ梁を使用

現場を2件見た後会社に戻り見学、我々工務店の鏡の様な会社です。

_020 工場内は整然と機械が並んでいる

_031 お宝(銘木)の山

見学の後は中野さんの仕事への取り組みを聞き、その後懇親会へと移って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

2年点検

今日は大磯のM邸の2年点検です。電話で点検のことをお伝えすると、どこも悪くないから来なくて良いとのこと、しかしそうは行かないのでお邪魔して点検をしてきました。

_007 M邸 

M邸は木材支給という形で作った家で、構造材はもちろん羽柄材から仕上げ材、外装まですべて檜。どこぞのハウスメーカーが“総檜作り”などといっているが、これぞまさしく本当の総檜造りです。(土間の枕木だけは違うが)乾燥が甘い檜で造った建具が反ったりしているだけで後はまったく問題なし。お客様の笑顔というお土産をいただいてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磯料理

20日の夕方家内と二人で江ノ島のきむらへ行って磯料理を食べてきました。

_001 海藻の盛り合わせと釜揚げシラス

_002 4個で520円のハマグリと地タコ

_003 刺身3点盛り、マグロ、ぶり、ひらめ

_004 2560円よりのあわびの姿作り

_005 マグロのやまかけ

_006 キンメの煮付けと八海山のお銚子

これだけのもの食べて、飲んで二人で約14,000円。高いか安いかの判断は皆さんにお任せします。   江ノ島 きむら TEL0468-22-6813

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

WBC

日曜日自宅でWBCを見ていました。普段あまりTVは見ないのですが、オリンピック・ワールドカップサッカー・ゴルフのメジャーなどで特に日本人が活躍していると見ています。昨日の試合はとても興奮してみていました。韓国の人ほどではないのですが矢張り日本人が活躍するのは見ていて楽しいですね。

3l3qqoic1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤岳・横岳・硫黄岳縦走

3月18日に赤岳・横岳・硫黄岳の縦走に行ってきました。日帰りは厳しいかと思いましたが、日曜は天気が悪そうなので日帰りと決め朝3:40に家を出て美濃戸へ向かいました。美濃戸手前の急坂で2台車がスタックしていて20分ほど待たされましたが、6:40には出発できました。南沢を登り行者小屋へ着いたところで、アイゼンをつけおにぎりを食べました。                            

P1020501 遠く北アルプスが見える

P1020502 雪に埋もれた行者小屋

休憩の後、歩き始めると先に出発したグループが戻ってきます、どうも道を間違えた模様。やり過ごして歩いていくとなんか変です、どうも夏道ではない様子、しかし誰も踏んでいない雪の上に一人分の踏み後があり、はるか上に見える文三郎の階段に続いているので進んで行きました、いやはやこれがラッセルで大変だった。

P1020505 大同心と硫黄岳

P1020509 道標に付いた氷このあたりから風が強くなってきた

P1020510 南アルプス

きついラッセルのなか進んでいくと、やっと雪が硬くなりアイゼンの効きがよくなってきた。この頃から風が強くなり寒くなり、ところどころ怖いところもあったので慎重に登る。

P1020513 赤岳頂上の社

P1020515 赤岳と書かれてある

頂上はとても寒く写真を撮ってすぐ下山、横岳へ向かう。地蔵の頭から先はまったく踏み後がなく、とても緊張した縦走となる。

P1020517 横岳頂上

横岳の付近は風がとても強く、クサリ、ハシゴ、ナイフリッジ等があり慎重に進む。

P1020518 硫黄岳頂上

硫黄岳を越えてほっとしたのもつかの間、赤岩の頭手前の道標で左へ降りろとの指示だがまったく踏み後がなく、しかも雪庇のようになっている。ここは以前雪崩のあったところだ、慎重に降りるところを探すが、不安のためうろうろする。やっと降りれそうなところが見つかって進んでいくと、どちらに行けばよいかわからなくなってしまう。下りだから楽だがひざ上のラッセルの中あちらこちらと道を探す。やっと赤布を見つけたときは正直うれしかった。まったく踏み後のない夏道らしいところを降りていくと、登ってくる登山者と出会う。情報交換をして、その後は踏み跡をたどり赤岳鉱泉へと降りて行った。

P1020520 赤岳鉱泉にある人工氷爆

赤岳鉱泉ではアイスキャンディー(人工氷爆)で大勢の人がアイスクライミングの練習をしていた。それを横目で見ながら美濃戸へと下山して行き車に到着したのは3:00でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

配筋検査

今日は都築区で工事をしているW邸の配筋検査がありました。P1020487

担当の当社専務と設計士の堺原先生

以前から構造にはとても気を使っていましたが、耐震偽造問題からより神経質となりました

P1020488

当社の基礎担当 吉川造園土木の吉川さんとても真面目で信頼できる業者さんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

ミルフォードトレック

3月3日から12日までニュジーランドにトレッキングに行ってきました。 成田を夕方に出て翌日の朝オークランドで乗り換え、クイーズタウンまで行きました。P1020294                        

クイーズタウン空港

ついた日の夕方にミルフォードトラックの説明会に参加し、次の日に備えました。P1020308

PICT0036 5日の日はクイーズタウンからバスに3時間乗りテアナウまで行きます。そこで船に乗り、約1時間。ミルフォードトラックの入口に到着です。今日は1.2kmしか歩きません。

今回の参加者総勢5名です

今晩の宿舎グレードハウス

P1020313

夜は国ごとに自己紹介と歌をうたいます

P1020319 一番参加者の多かったオーストラリア人。さすがに陽気なオージー盛り上がっています

ミルフォードトラック二日目いよいよトレッキングの始まりです。

P1020322 今にも雨の降りそうななか整備されて快適な道を進んでいくと、左手に大きな木、ぶなの大木です。

P1020330 快適な道に足取りも軽く

しかしついに雨が降ってきたP1020331 、しかし氷河にけずられた岩盤は、保水性が悪くあちらこちらで滝が現れる。

雨の中16km歩き今夜の宿ポンポナーロッジへ到着P1020335 P1020336 、夕食後はオージーと歌で盛り上がります

PICT0053 

3日目は今回のハイライト、マッキンノン峠です。距離は15kmですが、高低差900mを登って下ります。P1020347 P1020341

登り始めるころには雨もやみました。峠は景色がとてもすばらしく、寒かったのですが飽きずに眺めていました。P1020354 P1020362 P1020364

P1020350

峠をくだり始めると雨が降ってきて不快なくだりとなり、今夜の宿舎クイティンロッジまでがとても長く感じました。ロッジで一休みしてサザーランドの滝を見に行きました。この滝は落差540mで世界第5位だそうです。雨のおかげで水量がありものすごい迫力でした。

PICT0061

4日目は標高差はないのですが、距離は21kmと一番長い区間です。朝雨の降るなか出発しました。P1020377             

数時間歩くとマッカイの滝がありますP1020380

長い道のりのミルフォードトラックもここで終了ですP1020393

船でミルフォードサウンドへと向かいますP1020394

5日目は歩行無しのミルフォードサウンドクルーズです。氷河にけずられた海面から1680mのマイターピークは凄い迫力ですP1020408 P1020415 P1020428

最後はバスでミルフォードの景色の余韻に浸りながらクイーンズタウンに向かいましたP1020436 P1020439

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

結婚式

参議院議員の黒岩宇洋さんの結婚式に行ってきました。黒岩さんは以前、私がお世話になっている住宅産業研修財団(QBC)に勤務していたことがあり、そのときからのお付き合いです。DVC00032 DVC00034 前原代表も挨拶していましたDVC00027

QBCの仲間とDVC00028

なぜかこはしけんじさんとツーショット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »