« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月26日 (金)

環境展

東京ビッグサイトで今日まで環境展が開かれていました。

P1020814  

 

 

ペレタイザーといい、不要な木材をペレットにする機械です

 

 

P1020815  

 

 

作られたペレットです。ストーブの燃料となります

 

 

P1020816  

 

 

違うメーカーのペレタイザーです

 

 

 

環境展は初めて見に行きましたが、主にごみのリサイクルを通して循環型社会の構築に寄与するものが数多く展示されていました。

P1020817 P1020818_1

 

 

 

 

P1020819 P1020820

 

 

 

 

建設機械の大手メーカーが、その技術を生かしてたくさんのリサイクルマシーンを展示していたのが印象的でした。

P1020821  

 

 

雨水の貯蓄タンクもありました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

ワークショップ

前日の総会に引き続き、サレックスのワークショップが開かれました。今回は、小岩で住宅造りをしている、田中工務店さんへお邪魔しました。

P1020807  

 

 

最初に住宅見学をしました

 

 

 

P1020810  

 

 

 

社屋の全景です

 

 

田中さんの現場を見せていただいた後、会社にお邪魔し、ブログの使い方を事例を踏まえて見せていただきました。その後アビリィティーガーデンに移り、野辺氏の講義と、構造用面材に関わるディスカッションを行いました。

P1020813

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

SAREX、サレックス

住環境価値向上事業協同組合 SAREX(サレックス)の総会が、5月24日に開かれました。http://www.sarex.or.jp/index.html

P1020799  

 

 

青木理事長の挨拶 

 

 

 

サレックスは、名前の通り良い住宅を提供するために研修と研究をすることを目的として作られた組合です。今回は総会の後、基調講演として、山田脩二さんによるスライド&トークショーが開かれました。

P1020801  

 

 

 

最後は矢張りこれです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

シェル・アート作品展

シェル・アート第一人者である片山氏の個展が開催されています。

シェルアート作品展  -片山昭-
・会期  2006年5月16日~22日
・休み  会期中無し(直接ご確認下さい)
・会場  栄区民文化センター「リリス」
・会場URL  http://www.lilis.jp/
・内容  貝で作った作品(アクセサリー、オブジェ、茶会の茶入れ)
P1020789  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1020788_1  

 

 

 

片山昭氏です

 

 

片山先生には数年前よりルアー造りを教えてもらいとても懇意にさせていただいています。

P1020784  

 

 

 

この貝殻をきったり、貼ったりしながら造ります

 

  P1020786                         

 

 

 

 

 

 

P1020785_2  

 

このルアーで、魚を釣ります

 

 

 

 

最近先生は、ルアー作りから、アクセサリーと工芸品を造ることに力を入れ始めました。その作品の個展です。

P1020772_1  

 

 

白蝶貝で造ったモニュメントです

 

 

 

P1020773_1  

 

 

茶蝶貝のかんざしです

下の台は白蝶貝です

 

 

P1020778  

 

 

白蝶貝の壺です

 

 

P1020780  

 

 

黒蝶貝とあわびです

 

 

 

P1020781  

 

夜光貝のなつめと白蝶貝の茶さじです

 

 

 

 

P1020782  

 

 

茶蝶貝で造ったなつめです

 

 

 

貝殻は磨くととても綺麗で、写真ではそのすばらしさを伝えられなくて残念です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

槍ヶ岳

5月15日~16日で槍ヶ岳へ行ってきました。横浜をAM2:20に出発し、上高地に着いたのは6時です。準備をし早々に出発しました。

P1020716  河童橋からの穂高連峰 18日前から比べるとずいぶんと雪解けが進んだ

P1020639_1   

 

 

 

 

今日の目標は槍ヶ岳山荘なので歩きにくい雪の上を一生懸命進みます。

P1020720  

 

 

やっと大曲が見えるところまで来ました

 

 

 

P1020722  

 

 

一緒に行ったW君彼は年一回の山行きなので相当ばててました

 

 

大曲の手前で、同行のW君の足がつってしまいとても苦しそうでした。しかしがんばって、殺生ヒュッテまで登ってきたので今夜はここに泊まることとしました。

P1020724  

 

翌朝 マイナス4度を示している

 

 

 

 

16日思ったより天気はよく、朝6時前に小屋を出て山頂へ向かいました。温度が低いため、アイゼンが良く効き快調な登りです。

P1020726  

 

 

 

同行のW君 今日は元気です

 

 

P1020728  

 

 

 

 

 

 

槍の穂先の下で

 

 

 

P1020730  

 

 

 

小槍です

 

 

P1020732  

 

 

 

 

頂上直下です

この上のハシゴが一番緊張します

 

 

 

 

P1020737  

 

 

 

頂上にて

穂高連峰がバックです

 

朝7時前には頂上に着きました。うす曇でしたが眺めはよく、遠く富士山まで見えました。

P1020744  

 

 

 

踏み跡の途中にあったクレパス

 

 

P1020745_1  

 

 

不気味なクレパス 巾は70cmくらい

深さは5m以上あった

 

 

 

 

 

 

最後は、明神池にある穂高奥宮へ無事下山の報告をして岩魚を食べてきました

P1020746  

 

ビールと岩魚

頭がないのはあまりにおいしそうで写真をとる前に一口食べたしまったからです

 

 

最後は、沢渡駐車場で足湯に入り疲れを癒して帰路に着きました。 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

ビーチクリーン

5月14日懇意にさせて頂いている北井県会議員主催のビーチクリーン&地引網が江ノ島西浜で行われ行ってきました。

P1020689  

 

 

 

 

 

 

P1020693  

 

 

北井議員と

 

 

 

P1020694

受付を済ませると、マイはしとマイコップが手渡されます

 

 

 

 

P1020695  

 

網には、いわし、さば、アジに加えゴンズイが入っていました。

P1020699  

 

 

 

息子とその仲間も手伝いに来ていました

 

 

P1020704  

 

 

可愛いビール売りの少女たち・・・

 

 

 

P1020712  

 

最後は、若い者と江ノ島’きむら’で打ち上げです

 

 

 

北井議員のホームページですhttp://www.kitai-hiroaki.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

2年点検

今日は汲沢のT邸の2年点検がありました

P1020682  

 

 

 

 

 

 

T邸は土台、階段、大黒柱は檜で、その他すべての構造と造作を杉で造った家です。度々お客様をお連れして見せていただいてたりしています。

P1020685  

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

点検は異常なく終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

東京観光

5月11日 今日は日頃お世話になっている、横浜信用金庫の集まりがあり、東京一日観光に行ってきました。

P1020673  

 

 

芝の増上寺です(初めて行きました)

 

 

 

P1020675  

 

 

この船で東京湾までクルーズしてランチを頂きました

 

 

P1020679  

 

 

 

江戸城、松の廊下後 約300年ほど前ここで起こったことは、忠臣蔵で皆様御存知でしょう

P1020680  

 

 

 

江戸城 天守台の後です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の勉強会

5月10日 協力業者さんを集めて勉強会を開催しました。わが社では年に2回協力業者さんと社員を集めて全体の勉強会を開催しています。春は、社員と私がお客様に迷惑をかけてしまった事例を集めて、対話形式で進めます。秋は、社外講師を頼み、主に安全に関する講義をセミナー形式で行います。今回の春の勉強会は、クレームということをテーマに、午後3時よりはじめました。

Dscf0079  

 

 

 

始まりは20分くらいのビデオを見てもらいます

 

Dscf0081  

 

 

今回は、山岸、佐藤、崇広に事例発表をしてもらいました

 

 

Dscf0083  

 

 

最後は私がまとめます

 

 

 

春の勉強会の特徴として、勉強は、5時で終了をして、その後懇親を深めるためにBBQパーティーを開きます。このときとばかりに、普段電社やバスなど乗らない職人が、いそいそと公共の交通機関でやってきます。その結果大量のアルコールが消費されました。また、年に一度のことなので、牛肉も質の良い、霜降り和牛を奮発します。当社で用意した8kgと差し入れていただいた4kgの合計12kgの肉はあっという間になくなりました。でもみんなの喜ぶ顔を見ていると良かったナーと思います。

Dscf0084  

 

 

 

専務が焼きます

でも手のお皿は余計ですよネ・・・

Dscf0085  

 

 

生ビール30Lがあっという間になくなり缶ビールを買いに行きました

 

 

Dscf0087  

 

 

 

 

焼き代3台を使いましたが、職人の食欲は旺盛で、まるでブラックホールのよう

 

 

 

 

 

Dscf0088  

 

 

 

 

 

最後はこの調子、延々と10時ごろまで続きました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

ゴールデンウィーク2

6日土曜日海猿を見に行きました。海上保安庁のレスキュー舞台を題材にした映画ですが、アクションもストリーもたいしたもので見ていて面白く、また感動もした映画でした。最近の一押しです。

Poster_large  

 

 

 

 

 

http://www.umizaru.jp/

 

 

 

 

 

映画の後はまたこれです。

Dvc00017  

 

 

 

 

野毛の焼き鳥や

 

 

 

 

 

Dvc00018  

 

 

 

 

 

 

これでもおいしく食べているんです

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゴールデンウィーク

5月4日~5日で式根島の温泉へ行きました。

Dvc00010  

 

 

式根島、野伏港です。港の中なのに海がとても綺麗でした

 

式根島には何ヶ所か温泉があるのですが、今回は地鉈温泉へ行きました。下記の文章は、式根島ホームページからです。http://www.shikinejima.com/

長い長い階段を下りていった先にある「秘湯」地鉈温泉。大地を鉈で切り裂いたような地形からその名が付きました。お湯の色は茶褐色で、泉質は硫化鉄泉。島では俗に「内科の湯」と呼ばれ、胃腸病や神経痛、リウマチ、冷え性、婦人病などに効能があります。海沿いの天然の岩場がそのまま温泉になっているので、潮の干満によって温度が変わります。何カ所かある湯船の中からちょうど良いところを見つけて入るのも面白いです。ただし湯ノ花が付いた岩は非常に滑りやすいので転倒には充分注意して下さい。入浴には水着着用で。24時間無料で入れます。 

Dvc00011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 扇型の入り江を持つ白砂の美しい海岸です。古くは室町時代から天然の港として使われていました。湾内は遠浅で外海の影響を受けることが少なくいつも穏やかです。水深50cmほどの浅いところでもたくさんの魚が見ることができ、お子様連れのお客様にも最適です。最も式根島らしい海水浴場です。2001年には日本の海水浴場88選にも選ばれました

Dvc00013  

 

 泊海水浴場

 

 

 

 

4日の日は、釣りをする予定でしたが、波が高く中止にして早々に帰ってきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

明神岳 東稜

4月29日~30日で明神岳東稜に行ってきました。

P1020637  

 

 

 

穂高の山々と明神岳

29日は天気が良かった

 

上高地で、ガイドの棚橋さんと待ち合わせ。一緒に登る、KさんとHさんも集まります。

全員集合して12:00に出発。少し歩くと明神岳の東稜が見えてきました。

P1020642_1  

 右側の白いコルのところがひょうたん池。今他の幕営地点です

そこから左へ上がっているスカイラインが、東稜です

 

 

 

P1020645  

 

 

 

 

このようなところを登って行きます

 

 

 

 

 

P1020648  

 

 

 

つい数日前の雪崩の後

 

P1020650  

 

 

 

幕営場所から見るスカイライン

ここまでの天気は最高だった

 

 

 

 

ひょうたん池には3:40頃到着し幕営準備、我々のほかに3パーティーいる。早々に、酒盛りをはじめ7時ごろには寝る。夜は時々突風が吹き雪がテントに吹き付けている、朝3時起床だが、天候が悪いためもう一時間遅らせて4時に起き、準備を始める。 

P1020652  

 

 

 

30日の朝5時ごろ、これでも少し晴れたところ

 

 

 

 

 

 

少し視界が晴れたころ狙い出発する。このとき5:20分。気温は寒いが、急登を登るので汗まみれになる。

P1020653  

 

 

 

 

バットレスの中間部、まだまだ真冬

 

 

 

 

 

3時間ぐらい登るとバットレスといわれる岩場に到着、ここで30分ぐらい待たされる。北アルプスは天候が悪いとまだまだ真冬で足の先と手の先が寒さでしびれてきた。

P1020654  

 

 

 

明神岳 頂上

何も見えない

P1020656  

 

 

くだり

この先懸垂下降が待っている

 

P1020657  

 

 

降りてきた奥明神沢、雪がやわらかく、デブリも多かったため、苦労した

 

 

 

 

 

 

 

P1020658  

 

 

 

重太郎新道を降りてきて沢を渡ると岳沢ヒュッテがあるはずだが、どこにもない

 

順調に降りてくると、岳沢に出る。ここで休憩、確かこの辺に岳沢ヒュッテがあるはずだよねと話していると、ガイドの棚橋さんいわくそこの斜面の下のところにあったとの事。雪崩で跡形もなく流されてしまったようだ。それから岳沢を下っていくが、どこまで行っても雪崩の後が続いている、とうとう上高地の遊歩道の100m手前ぐらいまで雪崩があった模様。今年は雪が多いと思っていたが、あちらこちらで被害は甚大だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »