« 講演会 | トップページ | 香港 »

2006年12月 2日 (土)

コンクリート打ち

今日は鎌倉O邸の基礎コンクリート打ちです。

P1030573  

 

きちんとバイブレーターをかけながら、ポンプ社にてコンクリートを流し込んで行きます

 

 

 

弊社の基準では、ベタ基礎の場合耐圧盤と、立ち上がりを同時に打ち込みます。これにより基礎の一体化による強度アップ、打ち継ぎ部分からのシロアリの進入、〃水の浸入がなく、品質の高い基礎となります。

P1030574  

 

 

このように打ち込みのときは、人数が必要です

 

 

P1030575_1  

弊社では 青木建材(日本工業規格表示認定工場)からコンクリートの納品を受けます。呼び強度21N スランプ18cmで打ち込みます

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030572  

 

 

床下で見えなくなりますが、きちんと均します

 

 

 

 

|

« 講演会 | トップページ | 香港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/12980829

この記事へのトラックバック一覧です: コンクリート打ち:

« 講演会 | トップページ | 香港 »