« 表面波地盤探査法2 | トップページ | サーキュレーター »

2007年2月11日 (日)

蛭ヶ岳

今日は娘と神奈川県で最高峰の蛭ヶ岳に挑戦です。大倉から丹沢山には何度か行っているのですが、その先に足が進まず蛭ヶ岳にはまだ一度も登った事がありませんでした。前日の夕食時に、いつものように明日山行ってくるよと家内に伝えたところそばで聞いていた娘が、私も行きたいとポツリ・・・単独で行くつもりだったので大歓迎とのことで支度を開始、早めに寝て朝5時起きです。6時出発の予定が、支度が速く済んで5時半に家を出ました。快調にドライブして、塩水橋に6時40分に到着、6時50分に歩き始めました。

P1040004

 

 

 

車はここまで、塩水橋です

 

 

P1040005  

 

歩き始めてすぐのことですが、左のがけでゴソツと音がして、何かと思ってみたらなんとカモシカの赤ちゃん、とても可愛かった

 

 

塩水橋から舗装された林道をしばらく歩き、右へ登山道を入る。天王寺尾根を上り詰めて丹沢山に出るルートである。登山者が少なく踏み跡が少し不明瞭なほど静かなルートだった。しかし歩きやすい尾根である。

P1040009  

 

 

娘は久々の登山だったけれど、元気でした

 

 

P1040013  

 

 

ご覧の通り、とてもよい天気で富士山が綺麗に見えました

 

 

P1040018  

 

 

蛭ヶ岳に行く途中、こんなクサリ場があった・・・なんか得した気分

P1040020  

 

 

神奈川最高峰です

 

 

 

P1040024  

 

 

 

裏丹沢からは、初めて登りました。途中の森林を見ていると、桧が多いことに気付きました。そしてご覧の通り間伐と、枝打ちがきちっとされています。将来は楽しみです

 

 

 

 

P1040007  

 

 

この通り、間伐だけではなく丸太も切り出されていました

 

 

 

 

 

|

« 表面波地盤探査法2 | トップページ | サーキュレーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/13878351

この記事へのトラックバック一覧です: 蛭ヶ岳:

« 表面波地盤探査法2 | トップページ | サーキュレーター »