« 地鎮祭 | トップページ | 富士総合火力演習 »

2007年8月22日 (水)

屋久杉

日ごろより家族でお付き合いさせていただいている、地元ゼネコンの大洋建設さんが、本社屋の建て替えを進めていて、その社長室となりの和室の内装工事を請け負いました。仕上げ、材料などはすべて任されたのですが、ひとつだけこだわりがあり、壁に屋久杉をはめ込みたいという要望です。どんな感じか早速見に行きました。

Dscf04291

これは江東区にある(材)日本住宅・木材技術センター 試験研究所のエントランスですが、楠木の大判が飾ってあります。このイメージということで探しに行きました。

 

 

 

困ったときの、東京中央木材市場。たいていのものはそろいます。屋久杉を探し行ったらありました。

P10100851  

 

 

 

 

 

目の詰まったよい屋久杉です

 

 

 

 

この屋久杉の製材中の写真がありました。現在屋久杉は、完全に伐採禁止です。土埋木しかないのですが、江戸時代、屋久杉は屋根を葺く平木の状態で薩摩藩に年貢として治められました。平木に割るには木目が素直でないといけないので、木目が複雑に入り組んでいる根元の部分は避けて、地上2m程度のところから伐採されました。その切り株は現在でも残っており、屋久島の森に独特な景観を生み出しています。この切り株を土埋木(どまいぼく)といいます。

Dscf00211  

 

 

このような丸太を切ります

 

 

 

Dscf00301  

 

 

職人さんが、チェーンソーで切って行く

 

 

 

Dscf00341  

 

 

お見事

 

 

|

« 地鎮祭 | トップページ | 富士総合火力演習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/16220544

この記事へのトラックバック一覧です: 屋久杉:

« 地鎮祭 | トップページ | 富士総合火力演習 »