« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

大台の誕生日

今日は妻の○○才の誕生日、いよいよ大台です。それを記念し、神楽坂で散歩してきました。

P10105721  

 

 

 

 

 

 

昔からの町並みと思いきゃ、大資本の力は強くどこにでもある居酒屋がたくさんありました。

P10105711  

 

 

 

 

 

 

神社は昔からのたたずまいを残していました。

P10105701  

 

 

 

 

 

 

各町内会の、神輿の収納場所だと思うのですが、立派ですね。

その後銀座により、今話題の日産GT-Rに触れてきました。

P10105731  

 

 

 

 

 

 

480PS+最新テクノロジー誰が運転しても早く走れそう・・・欲しいと思うのですが、何せ諸費用入れると900万円近くしてしまうそうで難しいかな・・・それでも第1期の3か月分は売れてしまったそうな。日本人は金持ちですね!

その後は横浜に戻り、夫婦でいっぱい。

P10105751  

 

 

 

 

 

 

”月”という和風ダイニングです。

P10105741  

 

 

 

 

 

 

つぼ八じゃないですよ!少し見えづらいのですが、真ん中の三日月の部分を押すと自動でドアが開きます。

P10105781  

 

 

 

 

 

 

無事大台の妻です。

P10105811  

 

 

 

 

 

 

明日大台を迎えます。今日だけは年齢が違う二人です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

地鎮祭

お客様には大変申し訳ない天気となってしまったが、この雨の中地鎮祭を催行した。

P10105661  

 

 

 

 

 

 

この点との中から一歩も出れない。下に敷いたブルーシートにはだんだん水がたっまて来て、身動きとれず・・・

P10105671  

 

 

 

 

 

 

神主様も、テントの中でお払いをする。

お施主様もさぞかし疲れたお祭りだったでしょう。

そんなお客様からお礼のお手紙をいただいた。読めるかどうかわからないけれどこれがそうです。

P1010569_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても心温まるお言葉に、改めて身が引き締まる思いがしました。私どもで創させていただいてる住宅は、どれもこれも一生懸命創っていますが、よりいっそう気合が入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

和室の造作

大洋建設さんの和室が完成しました。

Img_09901  

 

障子は秋田杉です 

 

 

 

Img_09961  

 

 

 

 

 

壁には、屋久杉の耳付き板をモニュメント的に飾りました。

Img_09991  

 

 

 

 

 

この囲炉裏は取り外して、畳が敷けるように細工しています。炉縁は栗で作りました。

Img_10131  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全室の床は、檜の縁甲。框、式台、下駄箱すべて木曾の檜で作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

QBC(優良工務店の会)

今月のセミナー担当は、大和工務店の新社長の鈴木さん。大和工務店のお客様で、翻訳家の佐光さん自身のリフォーム体験を通じて感じたことを話していただいた。

P10105391  

 

 

 

 

 

 

17名の申し込みがあったが、ドタキャンで10名少々・・・寂しいな。

P10105401  

 

 

 

 

 

 

先生の話が終わり、質疑応答の司会をする鈴木さん。

家族でリフォームに参加し、絆が深まったということでした。

P10105411  

 

 

 

 

 

 

終了後懇親会。これが楽しみ!

P10105421  

 

 

 

 

 

 

最初はみなおとなしく飲んでいる。

P10105441  

 

 

 

 

 

 

飲み放題、3時間一本勝負。飲むほどに、酔うほどに饒舌になっていく。まだまだ写真はいっぱいあるが、とてもじゃないけど載せられない。楽しく夜は更けて生きました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

海外研修

いつもお世話になっている、設計士の堺原さんがなにやら面白い工法を考えたそうで、なんでも下地で暮らす家らしい。構造材もあらわし、大引きと床も兼用、壁も天上も下地の無垢の木のままだそうな。何でも思いついたきっかけは、韓国の民族村ということだったので、設計士さん、材木屋さん、私の三人で視察に行ってきました。

P10104821  

 

 

 

 

 

 

福岡から、ビートルという高速船で釜山に着き、レンタカーを借りる。

P10104851  

 

 

 

 

 

 

釜山から慶州に移動し、今夜の民泊を探す。昔ながらの韓国の住居である。

P10104901  

 

 

 

 

 

 

夜は、宮廷料理を食べました。この皿の数に驚き!

P10104991  

 

 

 

 

 

 

次の日に行った民族村、ここはソウルの民族村と違いそこでみな生活をしている。一軒の家を見てみる、この写真は夏の間だそうで、四方が空けられて風通しがとても良さそう。天上は無く、丸太の垂木を使い、その間を漆喰で塗り固めてある。

P10105001  

 

 

 

 

 

 

写真の左から右の幅200mmくらいの材が大引きで、床もかねる。

P10105011  

 

 

 

 

 

 

このように自然の中に溶け込んでなんといえないよい雰囲気だ。

P10105111  

 

 

 

 

 

 

建築中の現場があり、しばし観察。

P10105091  

 

 

 

 

 

 

大工道具箱、日本の道具とあまり変わらない。

P10105131  

 

 

 

 

 

 

垂木の上になにやら木を縄で縛り付けている。この木を上としたから漆喰で塗りこんでいくのである。きずりだ。

P10105151  

 

 

 

 

 

 

韓国の大工さんと、話す堺原さん。意味は半分くらいしかわからなかったそうだ。

P10105191  

 

 

 

 

 

 

現場にあった図面。CADで書かれていて寸法もミリ単位まできちっとかかれているのだが、その寸法通りに作っているのかはなはだ疑問。

P10105211  

 

 

 

 

 

 

建て方をしている現場もあった。5間の2間で約10坪。そこから深い軒が出る。参考までに価格を聞いてみると、1000万円くらいだそうだ。

堺原さんは来年着工の温めているプランがあるらしく、この工法で挑戦するという。着手したらまた報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

上棟

何度経験しても、この日は晴れがましく、うれしい日だ。きっとお客様は私の数倍うれしいだろう。

P10104801  

 

 

 

 

 

 

幣串(ヘイグシ)を作る棟梁と専務。

P10104811  

 

 

 

 

 

 

施主ご夫妻。とてもうれしそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

建て方

明日の上棟式に備え、軸組みの建て方が進んでいます。

P10104741  

 

 

 

 

 

 

朝から建て始め、午後1時30分でここまでできたからまあよしでしょう。

P10104711  

 

 

 

 

 

 

梁がすべて化粧のため、ワンタッチのクランプは使えず、写真のような繊維ベルトにて作業を進めます。

P10104731

 

 

 

 

 

 

上と下に別れ効率よく作業は進みます。

場所は変わって、10月5日に上棟した現場。年内完成に向けて急ピッチで作業は進んでいます。

P10104771  

 

 

 

 

 

 

この家のシンボル。丸太の梁です。

P10104761  

 

 

 

 

 

 

丸太の小口、柱にほぞを入れて、くさびで止めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

QBC(優良工務店の会)研修

電気はどこでどんな施設で作られているのか知りたいということになり、昭和初期から注目され、電源開発されてきた黒部川をさかのぼりました。P10104291

 

 

 

 

 

 

宇奈月まで車で行き、その先はトロッコ電車です。9時の電車を予定していたのですが、早くついたため8時17分に変更したのですが、すいていてスムーズでした。

歩き始めは、大汗かきながら急坂を登りしばらく歩くと、水平歩道です。

P10104331_2  

 

 

 

 

 

 

しばらく行くと、素彫りのトンネルがありヘッドランプ用意!結構長く、水滴ぽたぽた(バシャバシャ)一人できてたら気味悪いと感じるくらいです。

P10104351  

 

 

 

 

 

 

トンネルの出口は、志合谷。ここでは数百年に一度の雪崩が起き宿舎もろとも数十名の作業員が一夜にして飛ばされてしまうという大惨事が起こった場所です 。

4時間歩き今夜の宿舎”阿曾原温泉”に到着。さあ温泉と思ったら・・・なんとお風呂が壊れて、仮設の風呂。しかも沸かし湯!がっかりしましたが気を取り直して入浴。まあ何とか汗を流せて一息です。

翌朝は、4時起床。準備をして4時半に出発しました。なかなか明るくならずヘッドランプを点けて歩いていると、突然とRCの建物が現れました。仙人ダムです。そこで朝食をとりまた歩きます。今度はサンダーバード(古いな)の基地のようなものが見えてきました。これは、黒4ダムの地下発電所からの送電線の出し口だったのです。

P10104431  

 

 

 

 

 

 

目もくらむような高度さがありこわごわ進んでいきます。

P10104471  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとわかりにくいのですが、十字峡の写真です。写真の中央右から左に本流が流れていて、奥から棒小屋沢、手前から剣沢流れ込んでいる十字に見える珍しい沢です。 

P10104491  

 

 

 

 

 

 

白竜峡ですが、水面がずいぶんと近づきました。それにしてもきれいなところです。

P10104581  

 

 

 

 

 

 

長い旅も終わりに近づいてきました。ちらほらと黒4ダムの威容が見えてきます。

P10104681  

 

 

 

  

 

 

橋を渡り、最後の坂を登り終え8時間の旅が終わりました。

 

 

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

住宅功労者表彰

毎年10月は住月間ということでいろいろなイベントが各所で開かれます。今年は、福岡でQBC(優良工務店の会)の仲間が、住宅功労者表彰を受賞しお祝いに駆けつけました。

P10103981  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授賞式には、高円宮妃殿下もお見えになり、お言葉をいただきました。

P10104021  

 

 

 

 

 

 

住宅局長表彰を受賞された、和田さんと、住吉さん。それにお祝いに駆けつけた仲間たちです。

P10104041  

 

 

 

 

 

 

授賞式が終わって、仲間だけの懇親会が開かれました。ここには住宅生産化の課長と木造住宅振興室長も同席されました。

P10104071  

 

 

 

 

 

 

ぐっとくだけた二次会。丸山さんは1週間前に目の手術をしてばかりで、めがねをはずしています。少し違和感があるなあ・・・

P10104111  

 

 

 

 

 

 

もう酔っ払って!セクハラ沖です。

P10104191  

 

 

 

 

 

 

最後は屋台で、焼き牡蠣。酔っ払って味もよくわからない!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

東京ガス

東京ガス本社において、地震防災対策についての説明を聞きました。大規模地震のときに、二次災害防止のため、ガスの供給を止めるシステムがしっかりしています。

詳しくはhttp://www.gita-japan.com/14_conf/day2/TokyoGAS%20Nakayama.pdf

次に千住で水素ステーション、暮・楽・創ハウスの見学です。

P10103871

 

 

 

 

 

 

燃料電池で走る車に乗せてもらいましたが、エンジン音がせずにスーと走り出します。

P10103931  

 

 

 

 

 

 

この車、一台1億円もするそうです。

P10103941

 

 

 

 

 

 

マイホーム発電”ライフエル”を使い、同じ光熱費でどのくらいのゆとりを持てるかというコンセプトの下作られた実験住宅です。

詳しくはhttp://www.toshiken.com/publicity/kurasou/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 8日 (月)

北鎌尾根

岳人あこがれのクラッシクルート、槍ヶ岳-北鎌尾根に挑戦です。6日AM4:00に自宅を出、燕岳登山口の中房温泉に8:00到着し歩き始めます。とても天気がよくて気持ち良い汗をかきながら、合戦尾根を登っていきます。

P10103291  

 

 

 

 

 

 

今年の紅葉はとても遅く、2000mの上でもこんなものでした。もしかするとこのまま紅葉せずに、枯れてしまうかもしれません。

P10103381  

 

 

 

 

 

 

初めてだからちょっと寄り道  燕岳頂上です。

燕岳から、快晴の中3000m級の山々を眺めながら快適な稜線を歩いていきます。約7時間で今日の宿舎、大天井ヒュッテに到着。さそっくビールです。

7日は、起床3:00、出発3:40としました。真っ暗な中巻き道を少し歩き、貧乏沢を下ります。約2時間、高度差700mで貧乏沢出会いに到着。

P10103421  

 

 

奥の右側から下りて来ました

 

 

 

天上沢を少し登ると、北鎌沢出会いに着きます。そこから北鎌沢右俣を登ります。

P10103471  

 

 

 

 

 

 

北鎌沢右俣は大きいゴロタ石の登りですが、思ったより登り易いですが、とにかく急登でつらいです。約700m登ると北鎌のコルで、ここからは、岩稜になり登ったり下ったりの連続です。

P10103651  

 

 

 

 

このようなルートが続きます

 

 

 

 

 

P10103691  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

延々と歩きますが、槍はまだ遠い・・・気を取り直し、さあ歩け!

P10103731  

 

 

後何時間歩けばいいの?

 

 

 

P10103821  

 

 

 

 

 

 

終盤の登りです。気が抜けません。

P10103841  

 

 

 

 

 

 

午後2:40 11時間かけて槍ヶ岳に着きました。頂上から北鎌尾根を見ます。 

P10103851  

 

 

 

 

 

 

槍ヶ岳を見返します。こちら登山者がいっぱいいました。(写真を拡大すると穂先を登る登山者が見えます)

3日目は、結構雨が強く泊まった殺生ヒュッテから一目散に上高地を目指し下山しました。 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

上棟式

九州のさいき杉を使用した住宅の上棟式です。

Pa0502171_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

クレーン車を利用して建て方は進みます。労力の削減と、安全作業に重機は欠かせないですね。

Pa0502241  

 

 

 

 

 

 

1階が建ち上がり、安全のため作業床を先に敷きこみます。

Pa0502331  

 

 

 

 

 

 

作業が終わると、四方清め払いをします。その後清めた清酒を使い、施主の弥栄、 工事の安全を祈念し乾杯をします。後は無礼講でお客様様が用意してくださった料理を頂き和やかに宴席は進みます。最後は、大工の棟梁が手を締めて終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

土台敷き

A邸基礎コンクリート打ち前日です。しかし、雨が心配・・・

P10103161  

 

 

 

 

 

 

結局天気予報を信じ、一日伸ばすことにしました。小雨程度であれば、あまり関係ないと思いますが、大事をとっての延期です。

I邸は、土台敷き前日。雨でも土台敷きはできるのですが、濡れていると墨を打つ事ができません。急遽墨を打ちに行きました。

P10103201  

 

 

 

 

 

 

基礎コンクリと墨がずれていないか、直角は大丈夫か、確認します。

P10103231  

 

 

 

 

 

 

精度抜群の基礎が完成しました。大工も気持ちよく建てられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »