« 基礎コンクリート打ち | トップページ | 幹事会 »

2008年1月27日 (日)

赤岳日帰り縦走

最近おなかの出が気になり、ここらで一丁体に負荷をかけようかと思い日帰り縦走に挑戦する。

コースは、美濃戸から北沢経由で赤岳鉱泉に入り、硫黄岳、横岳、赤岳と縦走し、文三郎を下りて、南沢から美濃戸へ戻るというルートで、コースタイム9時間55分である。

朝3:30に起き、4:00出発。美濃戸に6:20分到着、準備をして6:35分に歩き始める。
日曜の早朝は入山者が少なく、ほとんど人と会わない。

適度に雪の積もった歩きやすい道を快調に飛ばしてゆく。 

赤岳鉱泉に7:55分到着。アイゼンを付け、オーバーズボンをはきピッケルを出して上り始める。

赤岩の頭付近で先行パーティーに追いつき、何人か抜かさせてもらう。

しかし、今日の天気は文句のつけようがなく、快晴微風である。

南アルプスをはじめ、中央アルプス、北アルプスまですべてくっきり見渡せる。

至福の瞬間であり、のぼりのつらさを忘れさせてくれる。

P10203051  

 

 

 

 

 

 

このとき9:50分。硫黄岳の看板の後ろに見えるのが、北アルプス連峰である。

P10203071  

 

 

 

 

 

 

これから向かう、横岳、赤岳方面。

P10203091  

 

 

 

 

 

 

硫黄岳から横岳に向かう途中にあるケルンだが、まるで樹氷!
風の強さがわかりますね。

P10203121  

 

 

 

 

 

 

横岳山頂 10:46分。

相変わらず天気もよく、風もない。

このあとの地蔵の頭の通過時間で、下山か進むか決めるのだが、まだ11:25分。まだまだ大丈夫。

P10203151  

 

 

 

 

 

 

赤岳山頂ジャスト12:00 

もう何度ここに来たかわからないが、何度登頂しても赤岳は喜びを与えてくれる。

P10203141  

 

 

 

 

 

 

富士山も良く見えた。

文三郎を下り、行者小屋から南沢を下る。

道に雪が積もっていてとても歩きやすい。

美濃戸についたのは1:43分。

合計7時間8分の縦走だった。

|

« 基礎コンクリート打ち | トップページ | 幹事会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/17870256

この記事へのトラックバック一覧です: 赤岳日帰り縦走:

« 基礎コンクリート打ち | トップページ | 幹事会 »