« 国産材 | トップページ | 喜寿のお祝い »

2008年2月 9日 (土)

リサイクル

社員全員を集めて、リサイクルの勉強に行きました。

行き先は、産廃の処理をお願いしている、永川組です。

受け入れた産廃の90%以上をリサイクルしているという驚きのシステムです。

P10203911  

 

 

 

 

 

 

 

 

粉塵予防のため、白衣とマスク、危険防止のためのヘルメットをかぶり準備万端。

P10203941  

 

 

 

 

 

 

 

 

集荷された、産廃を機械で大まかに選別します。

P10203951  

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと人による選別です。

P10203961  

 

 

 

 

 

 

 

 

分けられたものが運ばれて、破砕機にかけられます。

P10204001  

 

 

 

 

 

 

 

 

破砕機から、ベルトコンベアーで運ばれる途中での選別作業です。

P10204011  

 

 

 

 

 

 

 

 

このように細かく選別されます。

P10204031  

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に破砕機にかけられ、このように砂状になり、路盤材、埋め戻し用砂として生まれ変わりました。

P10204081  

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは木材のリサイクルヤードです。

P10204101  

 

 

 

 

 

 

 

 

破砕機にかけられた後ふるわれて、選別されます。

P10204121  

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにチップとなり、紙に生まれ変わります。

日本は資源の少ない国ですが、地下に埋まっているものだけが資源ではなく、建設廃材をはじめ、家電品、自動車、等ありとあやうるものが資源だと言う考え方もあります。
きっと近い将来、埋め立てた産廃が掘り返され資源となる日が来るのではないでしょうか。
今自分たちに出来ることは、ごみを出さないことだと思いますが、もう一歩リサイクルを進めなければいけないと考えた一日でした。

P10204161  

 

 

 

 

 

 

 

 

視察のあとは、ビールで生き抜き・・・

P10204191  

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜日の夕方に設定したため遅くまで盛り上がりました。

|

« 国産材 | トップページ | 喜寿のお祝い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/40065987

この記事へのトラックバック一覧です: リサイクル:

« 国産材 | トップページ | 喜寿のお祝い »