« 建て方 2 | トップページ | 市場訪問 »

2008年5月13日 (火)

超長期住宅

福田首相が200年住宅という呼び方で実現させようとしている住宅造り。

名前が“超長期住宅先導的モデル事業”ということになり、(以下超長期住宅)

私たち全建連では

“全建連地域木造優良(ちきゆう)住宅先導システム国産材モデル提案”

として提出し、採択を待っている。

採択されると、全建連に加盟してる、全国約7000社に超長期住宅を作る権利が出来る。

全建連では、1000棟の申請をしており。1棟約200万円の補助金が出る仕組みだ。

久々というか、初めての大型補助事業なので、自然と会議にも力が入る。

P10300621  

 

 

 

 

 

 

 

 

国土交通省から、越海木造住宅振興室長が来て、説明する。

P10300631  

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の資料、読んで理解しなければ・・・

P10300641  

 

 

 

 

 

 

 

 

JBNの幹事会も開かれた。

超長期住宅。

我が社では何棟立てられるかな?

これから住まいてにも情報開示して、採用してもらうようがんばろう。

|

« 建て方 2 | トップページ | 市場訪問 »

コメント

 初めてのコメントで失礼いたします。
 三州瓦のメーカーである、山倉瓦工業株式会社の山本大成と申します。
 自分のBLOGで今回の評価結果についての記事を書き、その中で全建連の取り組みを紹介したいとの考えでこの記事を紹介させていただきました。
 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 山本大成 | 2008年7月10日 (木) 16時55分

コメントありがとうございます。全建連型住宅が採択され、ほっとしておりますが、大変なのはこれからで、きちんと長期的に持つ住宅を作っていきますのでよろしくお願いします。

投稿: 工務店主 | 2008年7月10日 (木) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/41202829

この記事へのトラックバック一覧です: 超長期住宅:

« 建て方 2 | トップページ | 市場訪問 »