« 現場 | トップページ | 暑い熊谷 »

2008年7月15日 (火)

穂高岳

奥穂初挑戦のW君との山行き。

奥穂高岳に行くにはいくつかのルートがありますが、

上高地から、涸沢を通り、穂高岳山荘までとしました。

涸沢カールの残雪はとても多く、歩きにくそうでした。

P1030444   

 

 

 

 

 

 

 

 

涸沢ヒュッテの手前、残雪が多い。

P1030446  

 

 

 

 

 

 

 

 

涸沢ヒュッテから見た、奥穂方面。

上高地から、横尾までは雨。カッパを着ていましたが、

のぼりになるころは雨もやみ、暑い思いをしないですみました。

しかし頂上は、雲の中。

どうなることやらと思いながら登ります。

雨の月曜日、穂高岳山荘の客は合計5人。

ゆっくり休め疲れも取れます。

朝、目が覚めて外を見ると暗い中でも雲のないのがわかり、服を着て外に出ます。

P1030450  

 

 

 

 

 

 

 

 

常念岳からの日の出です。

P1030462  

 

 

 

 

 

 

 

 

朝日に染まる、奥穂への取り付き。

昨日とは打って変わり、快晴のすばらしい天気。

朝食後張り切って登山開始!

P1030469  

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンダルム。迫力ありますね。

P1030473 P1030474P1030475  

 

 

 

 

 

 

 

 

無事登頂。

P1030476  

 

 

 

 

 

 

 

 

360度の大パノラマ。とがっているのは槍ヶ岳です。

北アルプスの山々はもちろん、中央、南アルプス。

八ヶ岳、富士山等色々な山が見えました。

天気がいいし寒くないので、かなり長時間頂上にいましたが、

そろそろ下山の時間です。

吊り尾根から、重太郎新道を下り、岳沢へと向かいます。

途中面白いピナクルを見つけ、遊び心で登ろうと思い、取り付きました。

P1030480  

 

 

 

 

 

 

 

 

一番天辺で写真を取ろうかな・・・

P1030483  

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単な岩なんだけど、ロープなし。しかも、左手の力をかけたい岩がぐらついている。

ここで怪我しても、しゃれにもならないとあきらめました。

吊り尾根は何度か通っているのですが、いつも天気が悪いため、前穂は通過です。

でも今日は登らなければ損とばかりに、登りました。

P1030493  

 

 

 

 

 

 

 

 

W君とは、去年の剣岳以来1年ぶり、家内とは半年振りくらいの山でした。

すばらしい天気に恵まれて、いい山行きとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 現場 | トップページ | 暑い熊谷 »

コメント

 現役で山登りをしていらっしゃるのですね。
 私も10年ほど前まで、年に4・5回山登りに行っていましたが、特に子供が生まれてからはなかなか足が向かなくなりました。
 特に穂高には強い思いがあり、長男が生まれた際に名前を「穂高」とつけようと思いましたが、妻の反対で会えなく玉砕していました。
(結婚後穂高に行ったのですが、天候に恵まれず彼女の頭の中では険悪な岩場のイメージしかなかったようです。:ちなみにプロポーズは白馬岳のテント場だったりします)

 過去記事ですが、TBを送らせていただきます。

投稿: 山本大成 | 2008年7月21日 (月) 16時10分

コメントありがとうございます。私の山歴はまだ浅く、5年~6年といったところです。しかし面白くて、簡単な岩や、バリエーションルートにも行っています。山は不思議な魅力を持っています。

投稿: 工務店主 | 2008年7月24日 (木) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/41851097

この記事へのトラックバック一覧です: 穂高岳:

» 我が青春の穂高岳 [山本大成 「かわら屋の雑記帳」]
 穂高という山に、特別な思い入れがあります。 私が山登りを始めたのは、まだ十代の頃書店でたまたま手にした写真集に雄大な山岳の姿を発見し、日本にこんなところがあるのなら、自分のこの目で見てみたいと思ったのがきっかけでした。 まわりに山登りの経験のある人が一人もいなかったので、書店で技術書を買い、登山用品店に通い、ベテランの登山者に「シロートがこんなとこには来ちゃ行けないんだ」と言われるのが怖くて、恐る恐る一人でテントをかついで夏山-表銀座縦走コースの起点、燕岳に入ったのを今でも思い出します。(周りの人... [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 16時09分

» 雪山での滑落経験(高度差300mの大滑落・十数年前のGW登山での事故・八ヶ岳・雪洞) [山本大成 「かわら屋の雑記帳」]
 前に一度記事を書いたことがありますが、20代前半から30代半ばまで山登りに情熱を燃やし(うつつをぬかし?)、休日の度に山に入っていた頃があります。 GWはまだ雪山です(穂高-涸沢)我が青春の穂高岳http://kawaraya-taisei.blog.so-net.ne.jp/2006-07-27  とは言っても当時は普通のサラリーマンでしたので、山に入れる連休はそれほどあるわけではなく、ゴールデンウイークと7月20日前後の夏休み、お盆休み、秋はその年の曜日回りにより秋分の日・体育の日・文化の日の... [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 16時30分

« 現場 | トップページ | 暑い熊谷 »