« 晴れ | トップページ | 穂高岳 »

2008年7月10日 (木)

現場

毎日の現場担当者と大工の打ち合わせに加えて、週に一度は現場を見る。

やはり現場は基本中の基本。現場を見ると安心する。

P1030430  

 

 

 

 

 

 

 

 

ある現場の断熱材の充填状況。丁寧に施工され、

なおかつ隙間には、ウレタンフォームを注入し、完璧にしている。

P1030431  

 

 

 

 

 

 

 

 

見落としがちなのが、屋根断熱を垂木の間に入れたときの、面戸部分。

たかさ20mmくらいしかないがきちんと入れてある。

変わって、基礎工程の現場。

重要度で言うと上位のほうに属する、墨だしである。

これが狂うと、鉄筋のコンクリートかぶり厚さ、アンカーボルトのずれ、

土台と基礎コンクリートのずれ、

などなど、基本的な強度にもかかわってくるため重要だ。

P1030434  

 

 

 

 

 

 

 

 

捨てコンクリートに墨を出す。

P1030433  

 

 

 

 

 

 

 

 

我が社は、べた基礎部分と、布基礎(立ち上がり)部分を一体打ちしている。

理由は、コンクリートの打ち継を作らないためだ。

コンクリートの打ち継は、きちんと施工すれば悪いわけではないが、

我々は少しの欠点も排除するために採用している。

正確に出した墨の上に、型枠を支える、ボルトを止めていく。

このように現場を確認し、きちっとした施工がされていると安心できる。

これで今夜もうまい酒がのめるなあー

|

« 晴れ | トップページ | 穂高岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/41795511

この記事へのトラックバック一覧です: 現場:

« 晴れ | トップページ | 穂高岳 »