« 社内研修 | トップページ | 誕生日 »

2008年10月25日 (土)

植樹祭

岐阜の東白川村で行われている“植樹祭”。

取引のある、長瀞産業のお誘いで、オルタサークルのメンバーとともに参加してきました。

一日目は、馬籠宿によって来ました。

Img_1839  

 

 

 

 

 

 

 

馬籠宿は、中山道の木曾谷の中にある江戸から43番目の宿になる。

山間にあるため、水の問題があり何度も大火に会ってしまう。

最後の大火は、1915年でその後建てられたものが残っている。

Img_1840  

 

 

 

 

 

 

 

レトロな郵便局。

Img_1847  

 

 

 

 

 

 

 

“かっぺ”という喫茶店。奥の窓から恵那山を望む。

その後、付知峡の滝を見学後、“東濃ひのき白川プレカット協同組合に行く。

Img_1859  

 

 

 

 

 

 

 

4寸角に混じり、7寸角の柱があった。

Img_1862  

 

 

 

 

 

 

 

ひとつの家に使う、通し柱。

4寸角の7本は驚かないが、太角の通しが2本もある!。

次の日の朝、長瀞産業に行く。

Img_1872  

 

 

 

 

 

 

 

情報によると、台湾ひのきが朽ち果てそうになっているとのこと。

早速引っ張り出してもらう。

一部ふけているが、まだまだ大丈夫。

今度挽いてもらうことにした。すると、まだあるよ・・・とのこと。

見せてもらう。

Img_1873  

 

 

 

 

 

 

 

幅400厚み200長さ7000、廻りはふけているが、中身は大丈夫。

これも確保!。収穫あり。

変わって今回の、メイン。“植樹祭”へ。

Img_1876  

 

 

 

 

 

 

 

タイトルは、“山・川・海~思いやりの森造成運動”。

東白川の森林関係の人はもちろん、ここから流れていく川が注ぐ、三重漁協の人。

さらには、地元、三重の小学生たちが参加しての植樹だ。

山を豊にすると、川が豊かになり、川が豊かになると、海が豊かになるという

自然の摂理を植樹という実体験で教育するという、優れもののプログラムだ。

Img_1880  

 

 

 

 

 

 

 

 伐採した檜の林に、広葉樹の植樹をして森を豊かにする。

Img_1882  

 

 

 

 

 

 

 

総勢410名の参加で行われた。

Img_1884  

 

 

 

 

 

 

 

みんなで一生懸命木を植えました。

Img_1886  

 

 

 

 

 

 

 

全部で1500本植えました。

印象的だったのは、村長の挨拶の中で「今日参加している小学生が大きくなったとき、地球環境が健全であるため、山が海を思い、海が山を思う、そんな思いやりの心がこの植樹を通して育つように・・・」という部分があったが、まったくそのとおりで、とてもすばらしい運動であった。

|

« 社内研修 | トップページ | 誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/42906991

この記事へのトラックバック一覧です: 植樹祭:

« 社内研修 | トップページ | 誕生日 »