« 超長期優良住宅先導的モデル事業 | トップページ | GT-R&QBC »

2009年1月11日 (日)

八ヶ岳

関東の晴天に誘われて、長野は微妙だが、赤岳なら晴れる可能性が高いと、

判断し、朝4時20分に家を出て、美濃戸へ向かう。

車は少なく、順調に走れ、6時40分到着。

準備をして7時から歩き始める。

赤岳鉱泉に8時20分に到着。

赤岳を見る。

ものすごい風が吹いていそう・・・。

硫黄岳、横岳と縦走して、赤岳を目指す予定だったが、

硫黄岳から、横岳の稜線上の風を想像するだけで無理と思い、

地蔵尾根から赤岳へのルートを選ぶ。

P1040750  

 

 

 

 

 

 

 

 

行者小屋から見た赤岳は、雲に覆われたり、少し見えたり、微妙な天気。

想像していた通り、森林限界を超えると、猛烈な風。

美濃戸で、-15℃だったので、ここでは-20℃を越えているはず。

しかもこの風、体感温度はかなり低く、とても寒い。

目出し帽をかぶるが、サングラスが曇り視界が奪われる。

やっとの思いで登頂!10時30分。

P1040744  

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で撮っていたら、親切なお嬢さんが、撮りましょうか?

遠慮なくお願いする。

P1040746  

 

 

 

 

 

 

 

 

これがその写真。

しかし、さすが赤岳。

この風の中、何十人というパーティーとすれ違った。

P1040749  

 

 

 

 

 

 

 

 

必ずお参りする、“いやさか”今年もお参り出来た。

さー下山だ!。

カメラと携帯で写真を撮っていた。

グローブをはずして・・・。

下り始めて少したつと、右手の薬指に違和感がある。

グローブをはずすと、土気色になっている。

まずいと思い、動かしたり、はたいたり、

しばらくするととても痛い、でもそれは血が通ってきたから。

やはり、グローブははずしてはいけないな。

反省!。

無事下山。

美濃戸到着、12時30分。

合計5時間30分の赤岳でした。

|

« 超長期優良住宅先導的モデル事業 | トップページ | GT-R&QBC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/43713653

この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳:

« 超長期優良住宅先導的モデル事業 | トップページ | GT-R&QBC »