« 訃報 | トップページ | SAREXワークショップ »

2009年2月18日 (水)

現場確認

しばらく顔を出してない現場もあり、午後から向かう。

最初は、K邸。

K様は某大手設計事務所にお勤めの方、細かいディティールにこだわりがある。

P1040884  

 

 

 

 

 

 

 

 

床です。45mm角のタモを使用しました。

P1040885  

 

 

 

 

 

 

 

 

窓枠は、膳板のみ。クロス巻き込みです。

P1040882  

 

 

 

 

 

 

 

 

子供用ベッドも作りつけ、床は檜です。

変わって、N邸。

P1040888  

 

 

 

 

 

 

 

 

赤松の角材を、ささら桁に使いました。

P1040889  

 

 

 

 

 

 

 

 

梁も赤松、構造材はオール国産材です。

P1040891  

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱材は、パーフェクトバリア。

ペットボトルを使用した、リサイクル品です。

次は、H邸。

P1040892  

 

 

 

 

 

 

 

 

外部の、防水検査も終わり、胴縁を取り付け、外壁を張るばっかりです。

P1040893  

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱材は、木外壁の関係で、Gウールを使用。

普段は貼らない防湿シートを貼っています。

|

« 訃報 | トップページ | SAREXワークショップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/44102489

この記事へのトラックバック一覧です: 現場確認:

« 訃報 | トップページ | SAREXワークショップ »