« 材木屋の若い衆 | トップページ | 現場 »

2010年6月24日 (木)

小川山

3日前から天気に翻弄された今回の山行き。

一旦中止になったのだが、前日の予報で急速に回復となり行くこととした。

ただ、同行の鈴木さんは一旦中止になった時点で予定を入れてしまいアウト。

私とガイドの松原さんの二人となった。

行き先は、小川山・鳥帽子岩・左岩稜。

松原さんが開拓した、全長17から18ピッチに渡る長いルートだ。

空は良く晴れ、気分も高まって、快適なクライミングになるはずだったのだが・・・。

P6240002

取り付き。どうといことはなく、簡単に登れた。

P6240003

2ピッチ目。ここも問題はなかった。

P6240004

3ピッチ目。ここも快適。

P6240005

4ピッチ目。前半の核心部。

クラックの上部の岩がつかみにくく、少し苦労する。

グレードは 5.8 んーーまだまだ。

P6240006

5ピッチ目。

何という事のないところだが、ここでトラブル発生。

写真の中央下、鞍部の所に下り立ったとき、

たてよこ80cmくらいの岩の上にのった。

その時その岩ががけ下に落ちたのだ。

幸い大事には至らず、くるぶしの内側の皮がめくれたぐらいだったが、

驚きでしばらく放心状態、動悸がなかなか治まらない。

何とか松原さんのところまで行くが、相談して下りることにした。

P6241022

P6241025

5ピッチ目の上部から撮った写真。

しかし、梅雨の中休みで、とても天気が良く後ろ髪引かれる思いだったのだが、

歳も年だし、体には変えられない、また挑戦だ!

|

« 材木屋の若い衆 | トップページ | 現場 »

コメント

最高の天気でしたね。ここのところ忙しかったので即仕事を入れてしまい行けませんでした。残念。
落石って80センチ角もの岩だったんですね・・・無事でなによりです。

投稿: suzuki | 2010年6月26日 (土) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/48715787

この記事へのトラックバック一覧です: 小川山:

« 材木屋の若い衆 | トップページ | 現場 »