« コンクリ打ち | トップページ | まうすぱっど »

2011年2月 4日 (金)

基礎の勘所

2日に基礎コンクリートの打ち込みを終えたS邸。

今日は家を水平に建てるための大切な作業だ。

P1020425

このビスが優れものなのだが、コンクリートを打ち込んだときにこのビスを埋めておいて、

固まった時に、ビスを上下させ、レベルを出すのだ。

そしてビスの天端まで、セルフレべリング材を流すと、

水平の誤差、2mm以下の精度となる。

P1020427

このようにバケツで流し込んでいく。

P1020424

精度の高い基礎が完成する。

現在は床の下地に根太を使わず、土台に直に合板を張る工法が主流なので、

基礎の精度の高さが要求される。

場所が変わって、U邸。

P1020429

外回り、とてもきれい。

P1020430

中も整理整頓されていて気持ちいい。

さぞかし良い家が出来ることだろう。

|

« コンクリ打ち | トップページ | まうすぱっど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167807/50774996

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎の勘所:

« コンクリ打ち | トップページ | まうすぱっど »