2011年8月18日 (木)

剱岳

夏休みの最後は若い社員と登山。

場所は、剱岳。

山初心者を連れて行くのはと思ったが、クライミングも経験しているし

ノーマルルートからの登山だからと思い連れて行く。

扇沢からトロリーに乗り、黒部ダムへ。

このときはまだ晴れていた。

そこから、ケーブル、ロープウェイと行くと大降りの雨!

室堂に着くと、雨は小降りだがガスで何も見えない。

天気がよければ立山三山をめぐりながらいくのだが、

あきらめて雷鳥沢を登る。

P1030266

剱御前小屋の風をよけられるところで小休止。

そこから一気に剱山荘へ向かう。

P1030267

剱沢には雪渓がまだたくさん残っていた。

剱山荘には12時半に着いてしまった。

このまま登ろうか迷ったが、

ビールへといってしまう。

ビール、焼酎と夕食時間の5時まで飲んでいて、

夕食が終わった5時20分。

P1030268

酔っ払ってこのとおり。

早く寝ろ!

翌朝4時起床で、起きてみるがガスと風。

30分遅らせ5時出発とする。

薄暗い中登っていくと、登山者がちらほら。

若い4人はどんどん追い越していく。

P1030270

前剱。

ここで約半分。

天候は一向に回復しない。

ここからクサリ場、カニのたてばいと難所が続く。

P1030271

どうにかこうにか山頂へ。

何も見えない!

P1030272

私自身7回目の山頂。

ルートはそれぞれだが、霧で濡れた岩と、強い風で結構緊張した。

しかし全員無事登頂。

寒さで5分しか頂上にとどまらず下山。

くだりの難所、カニのよこばいもスムーズに降り無事下山。

その後がしびれた。

もうお盆の渋滞はないかと思っていたのだが、

大間違い。

大渋滞で、中央高速から、東名高速へと乗り換える。

途中御殿場で夕食。

一番若い中村に注文させたら、

上カルビ4人前、上ロース4人前、タン塩4人前、トントロ2人前、

聞いていて、おいおい4人でそんなに食べるのかよと思う。

__

さらに中村は、ご飯の大を2つ、中を1つ!

きれいに平らげた!

若いっていいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

クライミング

暑い!

小川山も暑い!

でも虫が少なくなった・・・

7月初旬に来たときは、ブユ、ブヨ、アブがすごかったけど・・・。

W君にとっては1年ぶりのクライミング!

昨年は来たことは来たのだけれど、問題が起き下山。

2本しか登っていない・・・。

初めてと一緒なので簡単なガマスラブへ向かい、3本登る。

割合スムーズに登っている、

それではガマルートにチャレンジ!

P1030242

がんばって登るW君!

P1030243

怖い恐い!を連発しながらも何とか登ってくる!

P1030246

終了点の前で、

カッコイイ!

登りきり、ランチタイム。

そうすると遠くで、ゴロゴロといやな音。

それでは降りようか、

懸垂下降2回して、後は歩いて下山。

ちょうど車についたとき、

ゴロゴロドッカーーーン!!!!

すぐそこに落ちたみたい・・・・。

時間は午後1時。

少し早いが雷にはかなわないとすごすご退散。

しかしガマルートを登りきれてW君はとても満足。

いいクライミングでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

赤岳

今年の海の日は予定がなかった。

娘に山に行く?

と声をかけたら、

即座に行く!

という返事。

朝4時に家を出て、美濃戸に向かう。

P1030124

途中渋滞もなく、6時半に美濃戸口に着くが見たこともないような車の数・・・。

ここから上には満車で行けない!

仕方なく路上駐車をして歩き始める。

娘には、これで1時間半以上よけいに歩かなければならないからね、

と念を押す。(本当は自分に気合を入れたのだ)

山に入るとそれほど人は歩いていなかった。

みな前日から来てすでに上のほうを歩いているのだろう。

P1030125

やっとこ地蔵の頭まで上がってくる。

横岳バックにパチリ。

山頂に近づくほど人が多くなってきた。

P1030127

こちらは赤岳バック。

P1030130

山頂はこの状態。

イモ洗いだ!

P1030132

写真を撮るのもハイ!ならんで、ならんで・・・てな状態。

しかし、風はそよ風程度。

隙間を見つけお弁当を食べる。

ずっとここにいたい気分。

しかし帰らなければならない。

後ろ髪惹かれる気持ちで山頂を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

クライミング

やっといけました。

東北大震災のときに湯河原でクライミング中でした。

その後怖くなったわけではないのですが、

天候不良、体調不良等などで中止を繰り返してきました。

今回もひざの調子が悪く、いったんキャンセルした山行きだったのですが、

前々日くらいに痛みが治まり急遽行くことに決定しました。

場所は昨年登攀中に軽いアクシデントで敗退した小川山にある、鳥帽子岩・左岩稜。

クライミング開始!

P1030080

取り付きです。久々で緊張しましたが難なくクリア。

P1030081

2ピッチ目、ここも軽い!

P1030082

3ピッチ目、快調そのもの!

P1030083

4ピッチ目、前半の核心部です。

ここも登れました。

松原さんいわく、

前回ここで2度ほどテンションかけましたが今回はノーテンションでしたねとのこと。

気を良くする・・・。

P1030084

問題の5ピッチ目。

昨年はなんでもないこのピッチの途中で軽い怪我をした。

今回は慎重にこなす。

無事クリア。

P1030085

何ピッチ目かわからなくなってきた。

P1030086

ここを登ると・・・

P7060731

このようなところに出てくる。

P1030087

忍者が駆け抜けるようなところを歩き。

P1030089

クラックを登る。

このクラックは、のぼり応えがありました。

P1030091

最終ピッチが見えました。

真ん中の岩の割れ目(チムニー)を登ります。

あと少し、ガンバ!

P7060736

やりました!

2回の懸垂下降を入れると、全18ピッチ。

リベンジしました。

久々の山ですが、天気に恵まれ最高のクライミングを楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

クライミング&地震

春うららかな陽気のなか、湯河原でクライミングを楽しんだ。

P1020606

新しいシューズを履き快調に登っていた。

おにぎりをほおばり、午後からもう1本登ろうかと登っている時、

なんか地面が揺れていない?

ちょうど二人ともどこ登ろうか考えていた時なのでセーフ。

電話で確認しようと思うが、つながらない。

あきらめて再度鈴木さんが挑戦してる時に、下からドーンと突き上げられた。

鈴木さんは壁の途中。

山の上の方で大きな落石の音。

もうパニックになってしまい、鈴木さんを下ろすことを忘れてしまう。

すずきさんの、おろしてーーーという悲痛な叫びでわれに返り、

事なきを得た。

幕岩公園は、梅が満開で散策客も多い。

落石が誰かに当たらなければいいがと思う・・・。

そこでもうやめて帰宅することに。

時間は3時40分。

6時過ぎには着くかな・・なんて思いながら帰途に着く。

ところがぎっちょんちょん。

凄い渋滞、国道県道はもちろん、裏道も、山道も、渋滞。

家に着いたら9時40分。

6時間も掛かってしまった。

もっとショックなのが事務所。

P1020607 P1020608 P1020609

明日の片づけが大変だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

冬の赤岳

冬山初挑戦のW君を連れて、赤岳へ行ってきた。

自宅をAM3時に出発。W君をピックアップ後、美濃戸へ向かう。

6時前に到着して、準備をする。

気温-10℃!山頂は何度なんだろう?

寒さのため着込んで出発するが、20分ぐらい歩くと汗ばむ。

上着の調整をしながら歩く。

赤岳鉱泉につくと、一休み。

少し風が吹いている・・・。

ここでオーバーパンツを履き、アイゼンを付ける。

行者小屋を経由して、文三郎尾根へ取り付く。

何度登ってもここの登りは苦しい!

森林限界を超える手前で、ヤッケの下にフリースを着て、

グローブを厚手のものに換え、風に備える。

来た来た来た、風が吹き出した。

結構強烈な風だ!

しかし雪がそれほど硬くなく上りやすい。

しかし風と一緒に氷のかけらが飛んできて、顔に当たると痛い!

フードを手で押さえながら登っていく。

P1020460

頂上直下のW君。

もうすぐ頂上だよ!

P1020461

頂上日到着!

W君、初雪山。赤岳登頂、おめでとう!

P1020463

南から雲が来ている。

寒い、寒い、早々に下山する。

P1020466

地蔵尾根からの下りの急斜面。

ピッケルを刺して、アイゼンを利かせ、一歩ずつ慎重に!

無事下山できました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

丹沢

今年最初の山登り、赤岳に行きたかったが、強い風が吹きそうなので、丹沢へと変更。

P1020267

渋沢へと向う電社の窓からの景色が近づくにつれ変わってきた。

今朝が雪が降ったらしいのだ。大倉から見ると、冬山のよう。

P1020279

日の当たらない所はこの通り融けない。

P1020273

しかし天気も良く風もほとんどない。

稜線の雪は融けていないので歩くのも楽。

P1020274

景色も最高!遠くに大島も見えた。

P1020270

塔の岳は寒かった!

パンをかじって、早々に下山。

丹沢に行き始めて、10年ぐらい経つのだが、最近森が変わってきた。

P1020277

キチンと間伐され、枝打ちもされていた。

P1020266

行政の力が入り、計画的に森作りがなされていたのだ。

数十年後には、いい森になって、本当の意味での神奈川県産材での

家創りができるようになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

クライミング

社員がクライミングをやりたいと言い出した。

それならということで湯河原の幕岩に連れて行った。

私以外初めての経験、だんだんとテンションは高まっていく。

P1020015_2

最初にやさしいルート。

私から登るが、チョチョイのちょい!

P1020018

簡単に登れました。

P1020019

次に菊地君、余裕かましているけど・・・。

無事完登!

P1020021

続いて崇広、彼もクライミングは始めて。

ちゃんと登れました!

P1020024

最後は中村君、さすが大工!するすると登っていきました。

場所を変えて少し難しいところへ、

P1020038

菊地君、よいしょをぉぉぉぉーーー

気合で登りました。

P1020041

続いて崇広、うぉぉぉぉりゃあぁぁぁぁぁぁーーー

こちらも気合で登りました。

P1020042

最後は中村君、

んんしょ!てなもんだぁぁぁーーー!

みんな若いから、強引に登っていく!

もう少し難しいところへ。

P1020046

5.10a、一度目は敗退。

そこで松原さんから「その靴では無理かもしれない、僕の使ってみて」

とのありがたいお言葉。

早速靴を履き替えチャレンジ、

すると、すると、さっきは立てなかったところへ立てるではないか!

難なく完登!

道具に頼る部分は、矢張り頼らなければ・・・。

とても暖かい春のような一日で、楽しいクライミングデビューの三人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

クライミング

久しぶりに、松原ガイドとのクライミングだ。

当初小川山の、鳥帽子岩左岩稜のリベンジ予定であったが、

冬型の気圧配置となり、寒さが厳しい恐れがあり、伊豆へ変更となった。

初日は、城山へ行く。

5.9の壁を2ヶ所登り、南壁の人気ルート、バトルランナーへ向かう。

P1010717

下から見た、バトルランナー。

ハングが二つあるのだが、上のハングが核心。5.10aだ。

P1010720

何とか登ったが、お助けヒモにすがって登った・・・・。

P1010721

我々の後違うパーティーが登っていた。

トップロープですら無理なのに、ここをリードするのはすごいな・・・。

この後もう少しハングの練習の後、

雲見へ移動する。

伊豆の民宿の料理を堪能して、早々に就寝。明日へ備える。

P1010724

今日登る、直上裏参道は、民宿の駐車場から準備して行く。

P1010728

参道の階段の途中から、左の藪へ分け入り、この地点に出る。

ここから懸垂で降りて取り付きに向かう。

ところでこの写真の左の木の幹。

大きくえぐられているのだが、多分落石だろう。

それもそんなに前ではない!コワイ。

P1010729

この壁を登る!

左下の海の手前への大岩が取り付だ。

P1010732

真ん中の大きいクラックから登っていく。

P1010734

リードする松原さん。

岩がもろくて怖い。

Pb030361_2

何とか登る。

P1010737

終了点から見るとこんな感じ。

ローケーションは最高だが、途中の藪がうるさい。

難易度は多分5.8ぐらいが最高だと思うが、

岩がもろく恐怖感は5.10a以上だと思う。

しかしご褒美が待っていた。

P1010739

展望が素晴らしいのだ。

今日は天気も良く、富士山から南アルプスまで見渡せた。

Pb030365

相変わらず腹は出ているが・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

赤岳

やっといけました・・・・・・。

5月にいったきりで、その後は、雨、体調不良等々で行けなかった山。

クライミングは何度か行きましたけど、落ちた体力を回復させるほどではなく、

歩けるか心配だったけど、何とか行けました。

目標は、赤岳。(小さい)

社員、ファミリーと一緒です。

P1010693

家を朝の4時に出て、美濃戸に6時50分につきました。

準備をして7時過ぎに出発。

まずは林道歩きです。

P1010694

1時間半で赤岳鉱泉に到着。

今年も氷爆の下地が出来ていました。

この仮設足場の上から水をたらし氷らせます。

11月半ばには立派な氷の壁が出来ていることともいます。

この少し先から地蔵尾根の急なのぼりが始まります。

少し登って振り返ると、北アルプス、南アルプスが見え、疲れを癒してくれます。

もう少しがんばると、地蔵の頭。

ここまで来ると反対側の、野辺山あたりが見えます。

P1010696

展望荘で一休み。

P1010697

赤岳への最後の登り、とても苦しい!

P1010699

ようやく頂上です、あああーーー疲れた・・・・。

しかしご褒美が!

P1090511

富士山が見えます。しかも雲の様子が刻一刻と変わっていく。

すごい景色!

P1010703

家族全員無事登頂!

素晴らしい景色のなか、おにぎりを食べ、ラーメンを食べ満足!

名残惜しいのですが、下山です。

P1010705

全員無事に赤岳鉱泉まで下山しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧