2011年2月 6日 (日)

カワハギ

うららかな天気に誘われて、釣りに行った。

目的は、餌取り名人“カワハギ”だ。

少し風が吹いていたが、城ヶ島の南側は、ちょうど風がなく穏やかだった。

P1020442

前回不調の吉川(兄)。

真っ先にゲット!

P1020443

今回も好調、吉川(弟)!

P1020447

菊地君にも来た!

P1020449

絶好調の二人!鮎川、中村。

中村は、11匹釣って竿頭!

P1020453

この人も釣った!

P1020450

悩んでいた崇広だったがやっと来た!

P1020452

最後の最後まで釣れなかった専務だが、やっと来た!

と思ったら立て続けに4匹ゲット!

みなそこそこ釣果があり良い釣りが出来た!

ただこの時期の肝は、小さい・・・。

美味しかったけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

カワハギ

だんだん水温も下がってきて、カワハギの美味しい季節を迎えた。

それでは新鮮なカワハギを食べようとつりに繰り出した。

P1010751

薄曇だが、風はまったくなく、波もない釣り日和。

P1010752

最初は、ベラ、海タナゴなど外道の猛攻にあうが、やっと本命が釣れ始める。

P1010753

崇広2匹目ゲット!

P1010754

吉川(兄の息子)ゲット!

P1010755

吉川(弟)ゲット!

P1010756

崇広3匹目ゲット!

P1010757

悩んでいた菊地やっとゲット!

P1010759

外道との戦いを制し、吉川(兄)やっとゲット!

P1010760

菊地2匹目ゲット!

P1010762

最後の最後、終了5分前に執念で釣り上げた中村!

いい顔してるね!

全員釣り本命を釣り上げニコニコ!

早速帰ってきて食べたが、肝が大きく、絶品!

いい釣りが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

大間のマグロ

友人から、大間でマグロ釣りをするのだけど一緒に行かない? と誘われた。

マグロといえば、最強の相手!ぜひぜひと付いて行く。

P1010415

青森空港から1時間半の小泊を基地として3日間の釣りが始まる。

P1010419

漁船と、大西さんの船の2艇で釣りをする。

今回はなんと、マグロ釣り大好きの松方弘樹さんが一緒だ!

松方さんにマグロのパワーを聞きながら準備をする。

P1010422

有名人が来ると近所の人たちが寄ってくる。

まつかたさーーーん、一緒に写真いいですかーー?

気軽に、気さくに、一緒に写る。

P1010423

それでは我々もパチリ。

P1010425

この日は準備で終わり、夕食を食べながら釣り談義、

松方さんのマグロの話はすごい!

何時間も話が続く!参考になることばかりだ。

次の日は、朝から釣りの筈だが、松前小島に行くみたい・・・。

P1010427

北海道は松前の西6マイルぐらいのところにある島で、

無人島だが、マグロ漁師の基地になっているそうだ。

P1010432

今回お世話になった、大西さんの船。

P1010437

港の中になんとアオリイカの群れがいた!

小島を後にして竜飛岬へ向かう。

P1010497

津軽海峡亭にて海鮮丼を頂く。

P1010443

マグロ、ウニ、いくら、ホタテ、エビがのっている。

P1010500

この竜飛には日本唯一の階段国道がある。

国道339号線は階段になってしまうのだ。

P1010501

この先、家の軒下を通り、階段となっていく。

そうこうしている内に電話が入る、マグロが掛かったぞ!と。

松方さんはこの日朝から釣りの準備をしていて、

11時ごろから海に出たらしい。

そして1時半頃ヒット!

さすが釣り師。

P1010445

ファイとしているのは、綿さん。ホンマもんの釣りバカだ。

P1010452

松方さんが、この魚はデカイ!といっている。

しかし・・・・

P1010454

後15mのところで、

痛恨のラインブレイク・・・・

後で聞いた話だが、200キロは軽く超えていたそうだ。

P1010456

アーーーーー残念!

我々もこの後釣りをするが、ノーヒットに終わった。

松方さんはこの後またかけて、30キロオーバーをゲットした。

さすがと言うしかない!

P1010487

きれいに内臓を取って血抜きされた、津軽海峡本マグロ。

P1010461

居酒屋で反省会、ここでも釣り談義、話は尽きない。

P1010462

左が、山下船長。

真ん中は大間の漁師さん。

松方さんとマグロの話。

次の日は我々も松方さんと同じ船に乗る。

P1010464

松方さんと、市野さん。

リール談義に花が咲く。

きっと市野さんはリールを作ってしまうんじゃないかな・・・・。

P1010467

興味深そうに話を聞いていた。

P1010466

後ろに見えるのがえさの魚。

ワラサとカンパチ、シイラの子供だ。

P1010481

魚は来ないが鳥が寄ってきた。

人懐こい鳥で近づいても逃げない。

と、のんびり気分の時、

きたーーーーー!!!

じゃじゃじゃぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーー

P1010482

待望のマグロがヒット!

大西さんがアングラーをやる。

P1010485

ものすごいパワー、

松方さんによると、小さいよ!100キロを少し超えたくらいだよ!

とのこと・・・・。

しかしすごいパワーで糸を出していく。

やり取り10分、残念ながらラインブレーク。

体にこすれて切れたみたいだ。

ああーーーーーーーーー残念!

この日はこれで終わり、明日にかける。

P1010488

夜は寿司屋でマグロを食べる。

もちろん地元の本マグロ!

P1010489

んんんんーーーーーーーうまい!

P1010491

若い釣り師たち、松方さんの周りには絶えず人が集まっている。

P1010494

我々は最終日。

掛かったラインを交換し、大物に備える。

しかし当たりはなかった・・・・・。

イヤーマグロも、松方さんも凄い!

マグロに対する情熱は並じゃない!

またとっても人が良く、我々にも懇切丁寧に教えてくれる。

P1010504

またまた居酒屋で反省会。

マグロにはまった日でした。

よし!また釣りに行くぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

釣れた、つれた、ツレタ!

釣れました!やっと釣れました!

朝6時に出航し、神津島に程近い、ヒョータンというポイントまで3時間。

9時から釣りを開始し、なかなかヒットがないまま、

ヒョータンから北上し、ウドネという所に来た時です、

いきなり、じゃぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーー

ヒット、ヒット、ヒット、ヒット、と叫ぶ声!(一回言えばわかるんだけどな・・・)

このとき12時55分。そろそろ帰り支度かなと思ったときでした。

P1010080

ジャンプするさかな、まぎれもなくカジキです!

他のタックルを片付けて、釣り座に座ったのは、専務。

ファイト開始!

P1010078

糸を巻いては出され、出されては巻くことの繰り返しです。

久々のカジキなので、慎重に、慎重に。

一度近くまで寄りましたが、まだまだ元気良く、

また、じゃぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーー

しかし

Img_3612

やっと近寄ってきました。

Img_3613

もうかなり弱っています。

P1010083

タグを打つ準備。

P1010084

タグ打ち成功!(ひれの下についているピンクの紐みたいのがタグです)

ここから針をはずすのが一苦労、弱っているとはいえ、

120kgぐらいありそうなカジキですから、力は強い。

Img_3615

見事元気でリリース成功!大海原へ帰っていきました。

最高のファイトでした。カジキ君ありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

下田

今年で32回目となる、国際カジキ釣り大会。

我々は、

21回大会より出場し、今年で12年連続である。

P1010008

日本各地から腕自慢の、ビルフィッシャーが集まってくる。

P1010009

わがチームも準備に余念がない。

今年も大会前から良い潮が入り、爆釣の予感。

P1010011

この青い海!まるでハワイみたい!

これで釣れなければ嘘ですよね・・・・

1日目は、軽い物も合わせると5回ヒットがあり、

1回は、25分くらいファイトした。

しかしリーダーを取ったところで、ブレイク。

残念だ!

夜は、毎年お世話になっている“美松鮨に行く。

P1010014

キンメの煮付け。特大!

P1010015

黒アワビ。柔かい。

地魚の刺身が盛り沢山。

安くてうまい!

P1010016

大会二日目。

どのチームも準備に余念がない。

この日はなかなかヒットせず、

退屈な時間を過ごす。

何もないまま終了。

最終日にかける。

いよいよ最終日、

この日もなかなかヒットがない。

最後の最後、終了15分前に待望のヒット!

糸がどんどん出て行く。

多分200mくらい出された所で止まる。

竿を持って釣り座に座るが、ノーテンション。

これで今年の下田は終わった。

P1010019

本来は表彰パーティーに参加しなければならないのだが、

美味しいものが食べたいということで、下田の町へ行く。

刺し盛り。

P1010021

伊勢海老。

P1010022

キンメの煮付け。

そのほかツマミを食べ、酒を飲み、

割り勘5,000円。

激安だと思う。

釣果では満足できませんでしたが、うまいものでは大満足でした。

本部船から、ストップフィッシングまで後5分となりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

魚釣り

友人の上場企業の社長。

その社長の船(私も少し出資している)で釣りに行った。

狙いはカジキ!

よくカジキマグロといわれるけれど、マグロとは違う。

したがって食べてもあまり美味しくない。

内のかみさんは釣れても持ってくるなと言う。

そんなカジキ釣りにハマリ、シーズンになると毎週海に通う。

今日も行って来たが、ついにヒットしました!

操船は社長、アングラー(竿持って釣りする人)私。

約1時間のファイト。

魚が小さいため、(といっても100kgくらい)リリースしました。

P1060020  

 

 

 

 

 

 

 

リリースする場合は、タグ(標識)を背中に打ちます。

背びれの右下にある、ピンク色のヒモみたいのがそうです。

タグを打ったあと、ハリをはずし、蘇生させて逃がします。

1時間もファイとしていると、酸欠になり動けなくなってしまうのです。

しかし、そこは野生の底力。

すぐに蘇生して海のそこへ消えていきました。

P1060022  

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は8月15日。

お盆の中日。

無駄な殺生しなくて良かった。

釣れてもっと良かった!。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

デイクルーズ

毎年この時期に行われる、KPCデイクルーズ。

今年は、千葉の富浦でBBQとなった。

P1050579  

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の面々、少々さびしい。

P1050580  

 

 

 

 

 

 

 

 

情熱ペンション富浦  http://jyo-netu.com/index.html

ここの庭先で、BBQ。

P1050583  

 

 

 

 

 

 

 

 

食材は、肉ばかりでなく、魚介類も豊富!。

すっかり酔ってしまった。

帰りほんの少し釣りをしたんだが、なんと“真ハタ”ゲット!

P1050584  

 

 

 

 

 

 

 

 

約1キロの真ハタ。

釣ったのは、まだ初心者のマユちゃん。

これがほんとのビギナーズラック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

キス釣り大会

朝起きるとザーザー雨が降っている。

夕べの酒と雨で気が重くなるが、何とか起き出す。

準備をして、向かう頃には、天気も回復してきた。

今日はキス釣り大会だ。

エントリーをして釣り場に向かう。

場所は、野比沖の“三つ磯”。

P1050467  

 

 

 

 

 

 

 

 

初ゲットは、崇広。

小物つりはうまい!。

小物王と呼ぼう。

P1050468  

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて専務。

ずいぶん長い白ギスだと思ったら、アナゴ!。

こちらは外道王。

P1050469  

 

 

 

 

 

 

 

 

一人坊主だった、マユちゃん。

メゴチだがゲット。

寒い寒いといいながら、がんばっていた。

P1050471  

 

 

 

 

 

 

 

 

右側の50を過ぎたおじさん(失礼!)と、左側の若者の温度差はなんなんだろう??。

今日はセーターを着てちょうど良いくらいだったけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

カジキ

久々に天気のよい日曜日。

カジキ釣りに出かけました。

ゲストは、友人の黒田親子と、専務の友人二人。

P1030941  

 

 

 

 

 

 

 

 

親子で談笑されています。

出かけた場所は、房総の突端“野島崎”の沖合いです。

水温が高く、水色も良好。気分も盛り上がります。

と、そこへ じゃじゃじゃあああーーーとヒットしました。

P1030944  

 

 

 

 

 

 

 

 

アングラー氏は初めての経験。時間は8時40分。

それ巻けやれ巻けファイト!ふぁいと。

しかしあまり元気がありません。

9時20分。40分のファイトで、見事ランディング。

見るとフックがかかって、口を一周していました。

これでは酸欠になってしまい力が出ないですね。

P1030945  

 

 

 

 

 

 

 

 

白いタオルにくるまれているのが、魚です。

そのあとも一回ヒットがありましたが、すぐ外れてしまいました。

昼過ぎに釣りをやめて帰り道、何か浮いています。

P1030950  

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだろうと近寄ってみると、大きい海亀でした。

P1030954  

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし残念ながら死んでいました。

甲羅は割れていました。

これが原因なのか、よくわかりませんが、かわいそうな結果です。

P1030959  

 

 

 

 

 

 

 

 

マリーナで記念撮影。

魚はあまり大きくなく、80キロでした。

P1030960  

 

 

 

 

 

 

 

 

殺生したときは、必ず綺麗に食べることにしています。

このあとさばいてみんなで持ち帰り、いただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

カジキ

毎年一度、優良工務店の会の有志でカジキ釣りに行く。

カジキを目的にしているだけで、釣れたことはない。・・・

いや、毎年天候に恵まれずカジキ釣りそのものをしたことがなかった。

今年こそと思い、日程を設定するが、キャンセルがちらほら・・・

2日間の予定を一日に締め、仕切りなおし。

やっと4人で行くことができた。

今年は世界一の雨男が不参加ということで、天候はバッチリ。

と思いきや、朝少し降られれる。因みに東京ではとんでもないことが起きていた。

そんなことも知らない我々はのんびり釣り。

P1000696  

 

 

 

 

 

 

 

 

水温が高く、水色も良い黒潮の中、ルアーを流す。

最初に来たのは、右舷側ロングのルアーにシイラが来た。

しかしリリースすることなく外れた。

のんびりとした時間が過ぎる中、きたきたー、、、じゃじゃじゃゃゃーーーと右舷側ロング、

後ろを見ると元気よくジャンプしている。

他3名ーーーぽかん・・・

リールまいて巻いてと!叫ぶが、すぐ外れてしまった。

1  

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直し、再度ルアーを入れる。

眠気が襲ってきたとき、きたー!

今度は左舷側ロング!

かかっていないタックルを片付け、いざファイティンぐー!

これも元気の良いかじきだ。あっという間にラインは500mほど出されてしまう。

GT釣りの経験がある、丸山さんがアングラー。

ふぁいとファイト、まいて巻いて、と声をかけるが、

どうもラインがたるんでいる。

イヤーまたフックOFF・・・

2    

 

 

 

 

 

 

 

みんなはカジキが見れただけ良かったといってくれたが、

私は悔しい。

またリベンジに行こう。

注:写真は今日のもではありません。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧